妊活仲間って必要ですか?

妊活は精神的にもキツイことが多く、また費用負担も大きいのでだんだん気が滅入ってくることがあります。

そんな時、同じ悩みを話し合える妊活仲間がいれば、少しは気持ちも楽になるかもしれません。

スポンサーリンク

でも妊活期間が長引くにつれて、単純に仲間がいれば心強いという状況にも、変化が生まれます。

妊活をしている仲間が集まると、中にはめでたく妊娠する人が出てきます。

せっかく赤ちゃんがさずかったのですから、自分のことのように喜ぶことができればよいのでしょう。

でも、実際にはそんなことはありません。

もちろん大人ですから、一応口では「おめでとう」と言うでしょう。

でも胸の内は複雑です。

・赤ちゃんができたなんて、うらやましい
・早く私も妊娠したい
・なんであの人ばっかり?悔しい…

いろいろな思いがうずまくでしょう。

妊活仲間がいることのデメリット

妊活仲間が数人いたとしても、妊娠すると集まりには出にくくなります。

もちろんずっと仲良くしてもいいのですが、お互いに気を遣ってしまうでしょうね。

妊娠を強く望んでいる人たちの中で、独りだけ赤ちゃんがさずかってウキウキの人がいたら、話が弾むとも思えません。

どんなに仲良くなったとしても、仲間の妊娠を心から喜べるという心の美しい人は、めったにいないのではないでしょうか。

妊活仲間がいることのデメリットは、まさにここだと思います。

同じ悩みを共有して、固い絆で結ばれていることを実感できているうちはいいんです。

でも妊娠することによってグループのバランスが崩れてしまった時、絆は一気に崩壊してしまうかもしれません。

妊活仲間がいることのメリット

妊活仲間を持つことにデメリットはあるものの、一方で何物にも代えられないメリットもあります。

・不妊治療に関して情報交換できる
・少し先の治療へと進んでいる人の話を聞ける
・悩んでいる時にアドバイスをもらえる
・普通の友達には話せない悩みも打ち明けられる

妊活していてツラい時や、不妊治療の痛みにくじけそうになった時、同じ仲間なら分かってもらえるでしょう。

こうした仲間がいるかいないかは、大きな違いがあります。

不妊治療について夫に相談したとしても、細かいことまでは理解してもらえませんからね。

でも妊活仲間にすべてをゆだねることは考えものです。

どんなに素晴らしい仲間だと思っていても、誰かの妊娠によって一気に状況は変わるのですから。

妊活仲間がいるのは素晴らしいことですが、あくまでも妊活をしている間のつながりにすぎないということも、自覚しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする