妊娠前から葉酸が必要なのはなぜか、意外と知らない話

妊娠初期に葉酸という栄養素が
必要だということは、
かなり知られるようになりました。

でも多くの人が誤解しているのが、
「妊娠してから葉酸を飲めばいい」と
思っていることです。

実は妊娠に気付いた時は
お腹の中で
胎児がすでに成長し、
重要な部分が作られた後なんですね。

葉酸不足の時に起こりやすい障害として、
神経管閉塞障害というものがあります。

これは無脳症とか二分脊椎症といった形で
あらわれることが多く、
死産になってしまったり、
生まれてからうまく発育できない恐れがあります。

妊娠に気付くのは、
生理が遅れたり、
基礎体温の高温期が続いたり、
妊娠検査薬が陽性になるといったことが
きっかけとなります。

その時からあわてて葉酸サプリを飲んでも、
間に合わないこともあるのです

だから、妊娠前から葉酸をとっておいた方が
安心なんですね。

私もこういった知識を持つ前は、
なぜ妊娠前に葉酸を飲まなくちゃ
いけないのだろうと疑問に思っていました。

葉酸の必要量を知っていますか?

妊娠初期に葉酸が必要だということは
すでにご存じだと思います。

ではどれくらい必要なのか、
はっきりと認識している人はいるでしょうか?

数字に強い人なら、
一日400マイクログラムという量を
記憶しているかもしれません。

でもこれだけの量を
食事で補おうと思うと、
実はけっこう大変なんですね。

葉酸は野菜や果物、大豆製品などに
多く含まれています。

でも一日の必要量をこれらの食材で
補おうとすると、
かなりの量を食べなければなりません。

よっぽど野菜好きな人でも、
毎日これを食べ続けるというのは
難しいのではないでしょうか。

また加熱調理することで
失われる分もあること
忘れてはいけません。

だから、せっせと葉酸をとっているつもりでも、
体に吸収されている量は
思ったより足りていないかもしれないのです。

こう考えると、自信を持って
「葉酸が足りている!」と
確信できる人は
少ないのではないでしょうか。

葉酸の量は上限もある!

妊娠初期にとくに大事な葉酸ですが、
実は摂取量の上限もあります。

たくさんとればいいというものでは
ないんですね。

厚生労働省の指導では、
一日1000マイクログラム(=1mg)を
超えないようにと言われています。

妊活中はさまざまなことに
気をつけなければいけません。

喫煙や飲酒を控えたり、
睡眠をしっかりとったり、
適度な運動をしたり。

そのうえ、葉酸の摂取量も
考えなくてはいけないのは
かなり大変です。

栄養バランスのとれた食事を
心がけつつ、
足りないかもしれない分は
サプリメントで補うのが
賢いやり方という気がします。

思いがけない妊娠に気付いて後悔しないために!

長い間妊活をしていた人が、
少し休もうと思っていたところ
思いがけず妊娠したという例があります。

こうした例は、意外にたくさん
あるんですね。

中には、「適当な食事をして
お酒も飲んでしまったのにどうしよう…」
と青ざめる人もいます。

そういう場合は、妊娠中の期間を
不安な気持ちのまま
過ごさなければなりません。

妊娠中はリラックスすることも
大事です。

ですから妊活を休むにしても、
葉酸サプリメントだけは
続けておいた方が良いかもしれません。

多くの人に支持されているサプリはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする